菅野一勢の経歴と評判と口コミを徹底検証!

f:id:otoiawase110:20190227164204j:plain

菅野一勢

副業解禁やリモートワークなど最近の日本は非常に働き方が豊かになってきましたね。今回はそんな日本人の中で最も自由な働き方をしていると言っても過言ではない「菅野一勢」という人物について詳しくご紹介をしていきます。

 

菅野一勢氏はビジネスマンであり、コンサルタントであり、慈善事業家であり、作家でもあり、思想家でもあり…と様々な経歴をお持ちです。

 

自由に働き、自由に稼ぎ、自由に生きる。こんな生き方を実践している菅野一勢氏について早速見ていきましょう。

菅野一勢の経歴は?

先ほど「ビジネスマンであり、コンサルタントであり、慈善事業家であり、作家でもあり、思想家でもあり…」とご紹介をした菅野一勢氏ですが、一体ここまでのキャリアをどうやって築き上げたのか。みなさん気になりませんか?

 

最初に菅野一勢氏の経歴について詳しく解説をしていきます。

 

菅野一勢氏の人生は大きく分けて3つに分けることができそうですね。その3つのフェーズは以下の通りです。

 

  1. インターネットビジネスの立ち上げ&成長
  2. シンガポールセミリタイア
  3. シンガポールを拠点に現在まで事業を再開

 

それぞれのフェーズに分けて解説をしていきますね。

 

インターネットビジネスの立ち上げ&成長

菅野一勢氏は今では様々な分野に対して専門性を持っていらっしゃるのですが、何と言ってもインターネットビジネスに参入したというところが菅野一勢氏の人生のターニングポイントだったと言えそうです。

 

現在は40代のカリスマ起業家ですが、今より20年近く前、まだ菅野一勢氏が23才の頃。新電電の代理店経営を任されて7年間ほどバリバリと働かれていたそうです。

 

新電電ということなので割とインターネットビジネスと近いところもあり、2003年にネットビジネスに参入をしていきました。そのときの菅野一勢氏はまだ電子メールも打てないレベルの「インターネット初心者」だったそうですよ。

 

しかしまだまだ「インターネット黎明期」だということもあってライバル企業も少なかったのか、1年も経たないうちに立ち上げたインターネットビジネスによって年商1億円を成し遂げたそうです。

 

この時から菅野一勢氏はメキメキと天才的なビジネスの才能を開花させていきます。

 

菅野一勢氏は年商1億円企業の立ち上げをきっかけにインターネットビジネスへ本格的に転向。またそんなサクセスを掴んだ菅野一勢氏の元には多くの人々が集い始めます。

 

このような状況から自然と菅野一勢氏はインターネットマーケティングの知識を周囲に伝える「インターネットコンサルティング」を生業とし始めるのでした。

 

この頃に始めた「インターネットコンサルティング」では菅野一勢氏と同じように年商1億円程度はほとんどの生徒が達成することができ、さらに優秀な生徒は最大年商10億円にまで昇ったということです。

 

菅野一勢氏がインターネットビジネスを始めて3年後の2006年。この時菅野一勢氏は「インフォトップ」と呼ばれる企業を立ち上げています。現在は「ファーストペンギン」という名前に変わっているようですね。

 

この企業はASP(インターネット広告で収益をあげるシステムとでもいいましょうか…)を提供していました。

 

よく皆さんがご覧になるブログなどに商品の販売ページが表示されているものがありますよね?そのブログから商品ページに飛んでその商品を買うと広告を出したブログ主もお報酬を得ることができるんですよ。ASPとはそんなサービスです。

 

インフォトップと同様のASPを扱っているのはAmazon楽天はてな、などですね。これらの企業とインフォトップが違うのは(おそらく菅野一勢氏のこだわりですが)報酬が多いということでした。

 

インフォトップはネットで全ての人を経済的に豊かにすることを目指していましたので、その点がAmazonなどとは異なる点かもしれませんね。

 

菅野一勢氏の活躍によってインフォトップはインターネットの普及に比例して成長していきました。そして2015年に上場企業に向けてインフォトップを売却。この時にはインフォトップは「日本最大級のASP」と呼ばれるまでになっていました。

 

売却した理由は色々とあるようですが、一番は次男が生まれてもっと家族と一緒の時間を作りたいと考えたことが大きいようです。

シンガポールセミリタイア

インフォトップがメインの生活から一気に家族メインの生活になった菅野一勢氏はシンガポールに移住してセミリタイア生活を送ることにしました。

 

この時期はほとんどビジネスには関わらないで家族とともに大事な時間を過ごしていたようです。この時期が5年程度あったとのことです。

 

しかしシンガポールセミリタイア生活を送る菅野一勢氏の元にも続々と「インターネットコンサルティング」を求める人々が集まってきました。

 

そのときのことについては以下の書籍に詳しく書かれているため参考にされると良いかもしれません。

 

『お願いです! バカなオレを億万長者にしてください!! シンガポール億万長者アニキの教え 』ー星野真/2018/2/6/秀和システム

 

この物語は2015年〜2017年の間にあった実話である。

時給1000円,年収100万円のアルバイトテニスコーチが、シンガポールの億万長者に弟子入りし、たった2年で年商5億のIT会社社長に。

 

社会から『偏差値40の学歴もない、ただのテニスコーチ』というレッテルを貼られた、ビジネス経験ゼロの落ちこぼれ26歳。

 

そんな彼が、なぜ異国で成功をつかんだのか?

その秘密の裏にはシンガポール在住の実業家が彼に授けた『億万長者アニキの教え』があった!

 

 

上記のような内容となっています。シンガポールセミリタイア生活を送っていた菅野一勢氏のもとでこうやって数人は「インターネットコンサルティング」を受けて起業をしたり、インターネットビジネスを始めたりしたようです。

 

 

シンガポールを拠点に現在まで事業を再開

そんなセミリタイア生活も5年間で終了しました。やはり菅野一勢氏に復帰を求める声が多かったこと、そして何よりも菅野一勢氏自身がビジネスを再び始めたくなったということなどがセミリタイア生活からの復帰の理由のようです。

 

ちなみにこの時期には以下のような実績を誇っているとのこと。

 

約5年間の充電期間を経て、事業を再開。

シンガポールにいながらグループ20社。サプリメント、化粧品販売、スクール運営、広告代理店、メディア運営、アフィリエイト事業、飲食店、プライベートジム、障害者の就労支援、グループホーム等々、様々なジャンルの事業を自動操縦をし、グループ年商は50億円を超える。

 

インフォトップの経験などを活用して、今後は様々な業界に対して投資を行ったりオーナーとしてサポートをしたり。ビジネスの才能を幅広く活用することになりました。

 

また現在では20社のオーナー業のほか、バングラデシュで小学校ボランティア運営、若者の夢を叶えるための「世界一ふざけた夢の叶え方トークライブ」等々の社会貢献活動等もしているそうです。

 

元々はお金のために働いていた菅野一勢氏でしたが、現在ではビジネスへのモチベーションは異なってきています。

 

それは「ビジネスで人を幸せにすること」「世界に笑顔を増やすこと」「自分の経験や知識をみんなに広めること」です。

菅野一勢は現在シンガポール在住?

菅野一勢氏は現在もシンガポールを拠点に生活を送られているようですね。ただ昨年から今年にかけては日本にもかなりの頻度で帰国をしているようです。

 

その理由は「アントレカレッジ」と呼ばれる起業家セミナーを開催しているため。このセミナーは菅野一勢氏のシンガポール生活と大きく関わるものなのでこちらで説明をしておきますね。

 

菅野一勢氏がシンガポールで生活した時に以下のようなことを感じたと言います。直接、語られているので読んでみてください。

 

 

この「起業の専門学校-アントレカレッジ-」も立ち上げることにしたのですが、、 この設立の背景には私たちの「ある危機感」と「ミッション」がありました。

 

このページを読まれている熱心なあなたであれば、きっと共感していただけると思いますので このまま読み進めてみてください。

 

私たちが数年前からシンガポールに拠点を移し、アジアを中心に事業を展開していく中で強烈に感じることがあります。それは「勢い」です。アジアはもちろん、世界中からパッションを持った起業家たちが集い、活動的にビジネスを展開しています。新しいビジネスアイデアも、すぐに形にして実践していかないと、ものすごいスピードで他社が追い抜いていってしまいます。とてもスピーディでエキサイティングで楽しいのですが、一方で不安に思うこともあります。不安というより、「危機感」といった方がいいかもしれません。

 

それは「日本の起業率の低さ」です。日本の起業率は約5%前後ですが、これは世界最低水準です

。 アジアの起業家と話をしていても、その優秀さはもちろんのこと、内からみなぎるエネルギーの高さを感じます。常にアンテナを張り巡らせ、人脈を拡大し、チャンスがあれば一気に攻め込む。こうしたいわば「アツい心」を日本人はどこかに忘れてきてしまったのではないかと危惧しています。もちろん日本にも優秀で情熱的な起業家はいますが、ごく僅かです。

 

この状況をみて私たちは、起業家を一人でも多く育成しなければいけないという使命感に駆られました。

 

シンガポールというアジアのビジネス拠点で多くのパワーある起業家たちを見てきた菅野一勢氏にとって、日本の企業率の低さは異様にも見えました。

 

挑戦をしない、リスクを取らないという風土のせいなのか「お金を稼ぐことに対する罪悪感」のようなものなのかは定かではありませんが、本当に起業に挑戦するという人が少ないのです。

 

一方でシンガポールに集まってくる熱意のある優秀な起業家たちはリスクを取りに行きつつ、失敗して多くを学びます。もちろん失敗をする人もそれだけ多いですが夢を叶えている人もそれだけ多いのです。

 

だからシンガポールには失敗はあっても悲壮感はない。そして日本には失敗こそないが悲壮感がある。

 

そんな環境を変えなければならないと菅野一勢氏は感じたと言います。

 

もう少しだけアントレカレッジでの菅野一勢氏の言を続けましょう。

 

「起業の専門学校-アントレカレッジ-」の立ち上げを決めたわけですが、ただ起業家を輩出するだけの学校ではありません。私たちは約20年もの間、多くの起業家や経営者のコンサルティングをしてきました。

そこで感じるのは、多くの日本の経営者は、売上にとらわれ「くたびれた」「不幸な」経営者ばかりだということです。そんな現状ではますます起業を志す人がいなくなってしまいます。そこで大事なのは、まさに私たちのような「幸せな経営者」を育成することなのです。

 

菅野一勢氏は自分のビジネスへの知識を活かして「幸せな起業家を増やす」ということを目指します。これが菅野一勢氏がシンガポールで生活した上での答えだったのです。

 

シンガポールはやはりビジネスマンにとって刺激がありますし、優秀な人材が揃っているため離れることはできない。しかし日本の状況も変えたい。こうして現在シンガポールで生活をしながらも日本で「アントレカレッジ」を送っているということです。

菅野一勢のネットでの評判と口コミについて

それでは次に菅野一勢氏のネット上の評判について詳しく見ていきましょう。

 

菅野一勢氏の人間性に関する口コミ

菅野一勢氏の人間性などについて書かれている口コミでは以下のものが見つかりました。

 

「菅野一勢さんは見た目はコワモテ(失礼w)なんですけれど、笑うとかわいらしさがあって話し方もすごくやわらかくて親しみの持てる方でした(^ ^)」

 

「アントレカレッジの菅野一勢さんにはリピーターもいるようで、一部ファンクラブのような人もいて、黄色い声援も飛んでいましたね(笑)」

 

「とりあえずアントレカレッジで実際に菅野一勢さんと出会って感じたのは心から人が好きなんだということと、フットワークがものすごく軽いんだということとビジネスに関しての発想力がピカイチだということです。」

 

「菅野一勢氏に直接会ったことがある私からすれば菅野一勢氏はかなりの好人物です。」

 

「確かに外見はかなり屈強そうで強面でもあるので怖そうなイメージがあったのですが、その実かなり喋り方や物腰が柔らかく、対応は穏やかでした。」

 

「私もインターネット上にある菅野一勢氏の悪評を見てから菅野一勢氏のセミナーに行ったものですので構えていたのですが、拍子抜けするほど優しい方でした。」

 

写真では強面な感じですが、実際に会ってみると優しいといった口コミが非常に多いですね。またファンクラブがあったりリピーターがいたりと、女性人気も高いようです。

 

失礼かもしれませんが、菅野一勢氏の写真を見て「ちょっと怖い人かも」と思う方もいるかもしれません。実際に会った方からはこのように好人物であるという口コミが多いため安心してください。

 

菅野一勢氏のビジネスなどに関する口コミ

次に菅野一勢氏のビジネスに関する口コミを見ていきましょう。

 

「アントレカレッジ受講生のその後を探ってみたんですけども

  1. 月収が100万円から1000万円になった
  2. サラリーマンを辞めて副業を本業化、利益100万円
  3. コンサルを受けてから年商が8倍になった
  4. ちょこちょこサボっていても月利60万年出すことに成功
  5. 4000万円以上の売上アップ
  6. ビジネス初心者が月150万円の売上達成

ってちょっと調べただけでもこんなにたくさん結果を出してる人がいました。割と個人的なブログに書いている人も多かったので信ぴょう性は高いんじゃないかと。」

 

「現在では菅野一勢氏の会社は、年商100億円以上は稼ぐようです。そして本人は時間に縛られることなく、好きな時間に好きな場所で仕事をしているようですね。ここまでの、自堕落な人物が成功するなんて誰もが想像できないことでしょう。しかし逆にそんな飾らないスタイルというのが菅野一勢氏の魅力の一つなのかもしれません。菅野一勢氏を尊敬している起業家は非常に多く、数々も起業家に多くの良い影響を与えてきました。たまに公の場にも姿をあらわすので、話しを聞ける機会があれば生の声を聞いておきたいところですね。」

 

「本気で起業家を目指したい方は、菅野一勢氏のセミナーというか、彼から学ぶことはたくさんあるでしょう。現在ではなかなか菅野一勢氏本人から直接話しを聞いたり、ノウハウを学ぶことは難しいですが、菅野一勢氏の考えの元に起業をしている方や、菅野一勢氏を心から師事している起業家がたくさんいます。そういった菅野一勢魂を引き継ぐ人物のセミナーなどを聞くと、学べることは多いかもしれませんね。何より、菅野一勢氏はあのインフォトップを作った人ですから、相当なやり手ビジネスマンであったことは間違いありません。」

 

「現在数々の事業をやられているお二人が、ここまで事業を大きくしてきた道を実経験を踏まえ、わかりやすく教えてくれいます。内容はかなりビジネス的になっていて、若干ハードルが高いかもしれません。

ゴールの設定を「ビジネスの継承」としていて、簡単に言うとビジネスオーナーになろうよ!というものです。ビジネスオーナーといっても、忙しくて自分の時間も取れないようじゃ意味がないので「継承」です。

そのステップは「マーケティング⇒組織化⇒継承」となっており、何もネタがない人でも第1フェイズから順をおって成長できるようになっているとのこと。

すでに商品を持っていたり、個人事業をされている方には特におすすめしたいと思いました。無料のメルマガの内容(動画)を見るだけでも多くの気づきがあると思います。」

 

菅野一勢氏のビジネスに関する口コミはさすがと言わざるを得ません。やはり才能があるためかどの口コミを見ても絶賛といった感じですね。

著書はあるの?

次に菅野一勢氏の著書について軽く紹介していきますね。

 

  • ネットで月収1000万円情報起業の不思議な稼ぎ方
  • 時給800円のフリーターが207日で1億2047万円稼いだいちばん簡単な方法
  • フリーターだった僕が年商100億円企業を5年で作り上げた秘密 ~テレアポにも人材にも頼らない、一人でできる情報起業の仕組みづくり
  • 実録!時給800円のフリーターが207日で1億2047万円稼いだ!
  • 実践! 世界一ふざけた夢の叶え方
  • 世界一ふざけた夢の叶え方
  • 「他力本願」で金持ちになる人「自力本願」で貧乏になる人

 

上記の7冊がインターネット上で確認できました。特に『世界一ふざけた夢の叶え方』『「他力本願」で金持ちになる人「自力本願」で貧乏になる人』が読み応えもあって非常に人気なんだそうです。

 

現在の活動は?

先ほど述べた通り、私たちが菅野一勢氏と関わることができるという観点での活動は「アントレカレッジ」です。

 

以下にアントレカレッジの詳細を記載しておきますので是非参考にしてみてください。

 

日程 2019年2月24日(日)13時~18時(開場12時30分)

会場 【東京】神田ウィニングエッジセミナールーム

定員 50名

対象 ビジネス経験ゼロの初心者から年商1億円未満の起業家・経営者

内容 起業・経営に必要なマーケティングや集客、セールスの成功のポイントについて最   新のビジネス事例を元に解説します。

講師 菅野一勢&中村司

受講料 3,000円(通常20,000円)

まとめ

今回の記事では菅野一勢氏の経歴や評判、書籍などについて詳しく見ていきました。やはり経歴を見れば見るほど「ビジネスの才に恵まれている」と言わざるを得ない経歴でしたね。

 

将来的には今よりも会いにくくなってしまうかもしれない人物なので、アントレカレッジなどが開催中の今、できれば会いにいったほうがいいでしょう。